塾生限定コラム

映画『利休にたずねよ』鑑賞。「結果」より「過程」を大事にする姿勢が世界を救う。

この記事は塾生限定です。 塾生登録が済んでいる方はログインしてください。
塾生限定コラム

ゴールや夢を他人に言ってはいけない。

この記事は塾生限定です。 塾生登録が済んでいる方はログインしてください。
無料コラム

兵力差に応じて戦い方を変える。(孫子の兵法)

孫子の兵法の第十一項(第三章謀攻篇)に「故に用兵の法は、十なれば則ち之れを囲み、五なれば則ち之れを攻め、倍すれば則ち之れを分かち、敵すれば則ち能く之れと戦い、少なければ則ち能く之れを逃れ、しかざれば則ち能く之れを避く。故に小敵の堅なるは、大...
塾生限定コラム

尺蠖(せきかく)の屈するは、以って信(の)びんことを求むるなり。(易経)

この記事は塾生限定です。 塾生登録が済んでいる方はログインしてください。
塾生限定コラム

近道は遠回り。

この記事は塾生限定です。 塾生登録が済んでいる方はログインしてください。
無料コラム

百戦百勝は良い戦い方ではない。抽象度を上げて敵を丸ごと飲み込もう。

孫子の兵法第九項、第三章謀攻篇に「百戦百勝は、善の善なる者には非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。」とある。 意訳すると以下の通り。 「百回戦って、百勝するのは、最善の方策ではない。 戦闘せずに敵の軍...
無料コラム

心の支柱になるものを一つ持つ。

「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うることなかれ。ただ一燈を頼め。」 これは佐藤一斎『言志四録』の言志晩録第十三条にある言葉である。 現代語訳にすると以下の通り。 「一つの提灯を持って暗い夜道を行けば憂うことはない。ただその一...
無料コラム

兵は拙速を聞くも、未だ巧久をみざるなり。経営はキャッシュコンバージョンサイクルを速めよう。(孫子の兵法)

「兵は拙速を聞くも、未だ巧久をみざるなり。」とは孫子の兵法の五項目、第二章「作戦篇」にある。 簡単に要約すると、戦争は食料や兵器、お金などが莫大に必要となるため、長引かせていいことはないということ。 戦いを長引かせれば兵は疲弊す...
塾生限定コラム

「見せ方」に騙されない。(宮本武蔵『五輪書』兵法の道といふ事)

この記事は塾生限定です。 塾生登録が済んでいる方はログインしてください。
無料コラム

新規事業や投資は会社の大事なり。(孫子の兵法)

「兵とは国の大事なり」とは、孫子の兵法の計篇の一番最初に出てくる言葉である。 意訳をすると、軍事は国家の命運を決する重大事。これによって国が滅するか生き延びるかが大きく分かれるので、慎重に考えよということ。 確かに一回の戦争に敗...
タイトルとURLをコピーしました