近かろうが動かなければたどり着けない。(荀子)

無料コラム

本日のテーマは、

近かろうが動かなければたどり着けない。

です。

荀子の言葉に、

道は近しといえども行かざれば至らず。
事は小さなりといえども、為さざれば成らず。

というものがある。

意訳すると、たとえ近そうな目標でもまずは動かなければ達成できない、ということ。

例えば、「起業したい」と相談に来る人は山ほどいる。しかし、「●●した方がいいですよ」などとアドバイスしても、実践する人はごくわずか。ほとんどいない。

逆に、成功するタイプの人はこうだ。起業してみて、色々と試した後に、「●●をしてみたのですがどう思いますか?」と相談に来る。

実践してみた結果のフィードバックを得ようとするのである。

前者と後者は「相談する」という意味では、似ているようだが、質に大きな違いがある。

もっと身近なレベルの話題で言えば、ダイエットなどは想像しやすい。

「ダイエットしたい」「痩せたい」と口にする人は多い。が、こういう人に「いつからやるのですか?」と聞くと、だいたい「明日から」などと答える。

本当にやりたければ、「今日」もしくは「今」だろう。これは起業や新規事業の立ち上げなども同様だ。

道は近くとも、動かなければ近づくことはできない。

今日の一歩か?明日の一歩か?

ゴールにたどり着くのはどちらが早いだろうか?

この記事を書いた人

株式会社レジェンドプロデュース代表取締役、株式会社創伝社代表取締役。
23才独立起業、25才会社設立。独立資本金はパチスロで作った。1978年、愛知県生まれ。

作野裕樹をフォローする
無料コラム
シェアする
作野裕樹をフォローする
創伝塾。
タイトルとURLをコピーしました