【2020年10月勉強会報告】『剣禅話 修養論』(山岡鉄舟)

活動報告

こんにちは。

創伝塾運営の木村です。

2020年10月26日は、創伝塾勉強会でした。

課題図書は先月に引き続きこちら。

『山岡鉄舟 剣禅話』
高野澄編訳・タチバナ教養文庫

 

先月の勉強会では、剣術上達の極意が書かれた剣法論がディスカッションの対象でした。

今回は、剣法論の次章である、「修養論」がテーマです。

「修養論」には鉄舟の精神論が書かれています。

例えば、精神、胆力を鍛えるためには自分が恐ろしいと思っているものにあえて近づくのが有効ということを鉄舟は言っています。

このパートを読んだときに、本当に些細なことですが、日常生活で苦手な食べものを克服するといったことだけでも自分が強くなったような感覚になったのが思い出されました。

この部分は、作野塾長からも将棋の経験をもとに解説がありますので、塾生の方は動画も合わせてご覧ください。

 

以下は、勉強会に参加された方の感想の一部です。

 

来月以降の勉強会は文学作品をテーマにしたものが中心になります。

11月の勉強会は11/30月曜日17:30〜です。

課題図書は、成功後の表と裏がリアルに描かれている『成功者K』(羽田圭介)になります。

こちらの勉強会、ディスカッションの内容が非常にディープになることが予想されるため、収録無しの勉強会になるかもしれません。

内容が気になる方はぜひ、直接勉強会にお越し下さい。

来月もよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました