【2020年1月勉強会報告】『座右のゲーテ』(齋藤孝著 光文社新書)

活動報告

こんにちは。

創伝塾運営の木村です。

2020年1月29日は今年初の、創伝塾勉強会でした。

今回はドイツの文豪、ゲーテの言葉をテーマに塾生がディスカッションをし教養を深めました。

課題図書はこちら。

『座右のゲーテ』
(齋藤孝著 光文社新書)

『座右のゲーテ』は、ヨハン・ペーター・エッカーマンがゲーテから学んだメモを編纂し出版した『ゲーテとの対話』の解説本です。

学徒であるエッカーマンが編纂したこともあるかもしれませんが、『ゲーテとの対話』には本質的かつ具体的な言葉が多くあります。

そのため、勉強会でも抽象的になりすぎず、具体的な行動レベルまで学びが広がりました。

例えば作野塾長が取り上げた一節で下記のようなものがあります。

いろいろ研究してみたところで、実際に応用したものしか残らない

我々、起業家や投資家も、〇〇戦略、〇〇理論、〇〇マーケティングなど多くのことを知識として学んではいます。

ただ、実際に実践できているかどうかは別問題です。

さらにいうと、ただ学んだ通り実践してみただけでは、応用したとは言えません。

身体が無意識に反応するようなレベルまで修練してやっと、自分のものとして応用できたといえます。

確かに私も、「勉強したり、本を読んだだけで満足してしまっていることがよくあるなー」と思うと唸らされる言葉です。

勉強会に参加できなかった方も、課題図書と動画はぜひ目を通してみてください。

以下は、参加者の感想です。

※今回より参加者のプライバシーに配慮して集合写真等、顔写真の掲載は自粛させて頂きます。

次回の勉強会は、2/26(水)です。

また来月もよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました