【2021年6月勉強会報告】『水滸伝』から学ぶリーダーの器

活動報告

こんにちは。

創伝塾運営の木村です。

先日は6月の勉強会が開催されました。

今月のテーマは中国の有名小説『水滸伝』の漫画版になります。

作者は三国志・鉄人28号・バビル二世などでもおなじみの横山光輝先生です。

私もそうでしたが、『水滸伝』という名前は知っていても実際読んだことある方は少ないのではないでしょうか。

『水滸伝』では、自分の正義を貫いたばかりに世間から弾き出されされた者たちが自然と梁山泊に集い、やがては国を救うまでの戦いや活躍が描かれています。

『水滸伝』には様々なリーダーが登場します。

大小の違いはありますが、リーダーとして組織・チームのマネジメントを行っている我々起業家にとっても学ぶことの多い作品でした。

今回も皆さんそれぞれの視点で学びをシェアして頂きましたが、共通していたのは登場人物達の理念や人格の崇高さに触れてらしゃることです。

詳しい内容はぜひ、作品や動画で確認して頂きたいですが、リーダーの理念ひとつで組織が強くも弱くもなることを様々な教訓とともに学べる時間になりました。

ちなみに今回は、皆さんの刺激になればという作野塾長のアイディアで、後半は私がファシリテーションを務めました。

私自身も当然学びが多かったですが、参加者の皆さんにとっても良い刺激になっていると幸いです。

以下、参加者の感想です。

来月は7/30(金)17:30〜の開催で、課題図書は今回と同じく横山光輝先生が描く『織田信長』です。

来月もよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました